初心者にも分かりやすく給料前払いサービスを解説します

給料前払いのサービスとは、実際の給料日よりも前に従業員の給料の一部について支給する事ができるサービスです。これを利用すると給料日前にお金がなくて困ってしまった時など、利用する側は大変便利である為ニーズも多くあるのですが、企業としては給料前払いにかかる業務の負担は決して少なくありません。給料前払いを希望する従業員それぞれのタイムシフトなどを確認し、申請時点で前払い可能な金額を計算して割り出さなくてはならないので、一人二人なら問題ないかも知れませんが、100人以上の規模となるとほとんど現実的ではないのです。そこで利用されるのが給料前払いのサービスを専門に請け負うサービス会社です。この会社に従業員と企業側の橋渡しとなってもらう事で、企業側の負担が減り従業員側は希望を叶える事が可能となります。

給料前払いのサービスとはどの様なシステムなのか

実際に給料前払いのサービスがどの様なシステムなのかご説明していきます。いくつものサービス会社が給料前払いを請け負っている中、多くのサービス会社で採用されているパターンは、従業員がスマートフォンから前払い希望の申請をし、それを受けサービス会社は希望した金額分を企業側から建て替え従業員へと支払い、給料日になると前払いした分を従業員に請求するというシステムです。このシステムだと企業側は前払い分の負担をする事もなくまた、サービス会社利用の手数料などもなく済みますが、前払いを利用する従業員は返済の際に利用手数料として何パーセントかをサービス会社へ支払う必要があります。企業側のメリットとしてはサービスを導入しやすいという点があり、また従業員側としても簡単に申請などが行えるので多く選ばれています。

給料前払いのサービスを利用する企業としてのメリット

企業側が給料前払いのサービス会社を利用する事で得られるメリットは、他にも沢山あります。もちろん先に挙げた前払い業務にかかる負担の軽減もありますが、それ以外に企業の求人応募が増える可能性もあります。これは募集要項の欄に給料前払い利用可という文言を入れる事により、週払いや日払いなどを希望する人からも応募を受ける可能性があるという事です。アルバイトなどでは日払いや週払いというのも珍しくありませんが、大企業ではあまりない条件なので選ぶポイントとなり得るからです。またそれに伴い、前払いを利用する事で手持ちが不足してしまった時などにアルバイトを掛け持ちする事や、キャッシングを利用してしまう事もなくなるので、生活に負担が増える事もなく従業員の離職率も減る事が期待されます。こういった事から前払いサービスが注目されているのです。